読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS5にIRCdをインストールする手順

身内で利用するためのIRCd を導入しようとしたが、手間取ったので覚書。


CentOS5 標準のgcc4.1 ではコンパイルが通らないので、gcc3.4 をインストールしておく

# yum install compat-gcc-34


ソースのダウンロード

$ wget http://www.ircnet.jp/dist/server/jp-patch/irc2.10.3p7+hemp2+jp6.tgz
$ tar zxf irc2.10.3p7+hemp2+jp6.tgz
$ cd irc2.10.3p7+hemp2+jp6


ログの出力先指定

$ ./configure --logdir=/var/log/ircd


CCとMATHLIBS を指定

$ cd i686-pc-linux-gnu/
$ vi Makefile
# compiler program
CC = gcc34
(snip)
# required libraries, except zlib and curses/termcap
LIBS = -lnsl -lcrypt
MATHLIBS = -lm


../ircd/channel.c を修正する

$ vi ../ircd/channel.c
3248                 }
3249 end_of_list:;    // 後ろにセミコロンを付ける
3250 #ifdef LIST_ALIS_NOTE


ついでにsplit-mode にならないようにしておく

vi config.h
531 /* defines minimum for GLOBAL channels */
532 #define SPLIT_SERV  0
533 #define SPLIT_USERS 0


あとは流れ作業

$ make all
# make install


とりあえずインストールまではこれでいけた。