読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 14.04 LTS に Fluentd をインストールする

2014年7月4日時点で公式の deb パッケージが用意されていないので自前で。

rbenv とかは使っていない。なるべく楽に。

先に下記のとおり設定を確認、変更。
Before Installing Fluentd | Fluentd

下記のパッケージをインストール。

$ sudo apt-get install ruby2.0 ruby2.0-dev build-essential

Ruby2.0系をデフォルトに変更。

$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/ruby ruby /usr/bin/ruby1.9.1 0
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/ruby ruby /usr/bin/ruby2.0 1
$ sudo update-alternatives --config ruby

Gemも。

$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/gem gem /usr/bin/gem1.9.1 0
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/gem gem /usr/bin/gem2.0 1
$ sudo update-alternatives --config gem

irbも(2014/07/29追記)。

$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/irb irb /usr/bin/irb 0
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/irb irb /usr/bin/irb2.0 1
$ sudo update-alternatives --config irb


rbenv で入れよう。
Twitter / mhag: 結論 Ubuntu 14.04 ...
Twitter / mhag: @yoshi_ken 以前に ...
Twitter / mhag: @yoshi_ken rbenv から 2.1.2 ...

有名事案だったらしい
Google グループ

oh...
Twitter / tagomoris: 今日も ruby 2.0.0-p353 ...

最後にFluentd のインストール。
Installing Fluentd Using Ruby Gem | Fluentd

$ sudo gem install fluentd --no-ri --no-rdoc

動作確認。

$ fluentd --setup ./fluent
$ fluentd -c ./fluent/fluent.conf -vv &
$ echo '{"json":"message"}' | fluent-cat debug.test

お疲れ様でした。